講演録『ケネス・タナカの仏教教室Ⅴ』を出版しました

 昨年に厳念寺で実施された連続講座『ケネス・タナカの仏教教室Ⅴ』の内容が本になりました。本書は2021(令和3)年4月から12月にかけて、浅草の浄土真宗・厳念寺(ごんねんじ)主催で、インターネット(Zoom)を介して開催された仏教講座・全八回の講義録をまとめたものです。ケネス先生から提案された今年度のテーマは「親鸞 ― 日本が誇る世界的宗教家」でした。ケネス先生のオリジナルの譬喩的説話「溺(おぼ)れる船乗り」と親鸞聖人の人生を照らし合わせながら、ケネス先生独自の視点から、親鸞という求道者の希有な面に焦点をしぼりながら、私たちの生活に活きるような仏教理解のために新たな光を当てていただきました。

 厳念寺の記念事業として2017(平成29)年から始まった講座は、既に5期目に入りました。コロナ禍の中で急遽、インターネットによる講座に変更してから早くも二年近く経過しましたが、今年度に入ってもコロナ禍は終息する気配なく、やむを得ず引き続き今年度も「Zoom(ズーム/テレビ電話のように相互に視聴できるシステム)」を活用したオンライン講座となりました。

 オンライン講座にしたことによって、有り難いことに、遠方の九州地方や福井県・石川県・広島県等ばかりか、今回はアメリカやタイからの参加者も加わり、経歴も年齢層も参加動機も多様な登録者は120名以上にも達しました。そして、昨年以上に大変多くの質問が講義後に積極的に寄せられるような自由で開かれた雰囲気のある場になっていることは誠に希有なことでありました。

 例年どおり、講義内容を文字化・編集してインターネット上に配信することに加えて、昨年度からは講義を録画・編集したものを後日にYouTubeにアップする試みもしております。

 また、ケネス先生には講義後に、引き続き通称「涅槃寂静会(般若湯会)」という参加希望者との懇親の時間にも加わっていただいたり、毎回、講義録の原稿を忙しい中で労を厭わずに校正・加筆、そして多くの質問に懇切な応答をしていただけたことに改めて深謝申し上げます。その総まとめとしての果実が本書となりました(紙幅の関係で質疑応答の一部しか残念ながら掲載できておりませんが、聴講者の皆さんにはメールに添付して配信させていただきました)。ケネス先生のお話の雰囲気をできるだけ残せるようにしながら編集・校正を試みました。こうして皆様方とご一緒に、ケネス先生の求めた道を訪ねることのできたことを慶(よろこ)んでおります。

 ケネス先生のあつい求道心を背景とした人柄と、日本人にはない視点とセンスからクリアに切り込んでくる新鮮な内容がふんだんに表現された、初心者でもよく理解しやすい講義となっております。人生を肯定する、明るく楽しい前向きなケネス流仏教を楽しみながら昧読いただければ幸いです。

令和4(2022)年 正月        厳念寺 住職 菅原 建 九拝