『手塚治虫 火の鳥から読み解く日本人のいのちのかたち』第1回、第2回が実施されました

3/20/2017

『手塚治虫 火の鳥から読み解く日本人のいのちのかたち』は手塚治虫の代表作の一つである『火の鳥』を読みながら、生と死と愛をテーマに語り合う会です。
 医療職や主婦、手塚治虫ファンや初めて読む人など、色々な人たちで自由気ままに話し合います。
 また、精神科医であり神主でもある池内龍太郎先生が、日本人の死生観・宗教観について分かりやすく解説してくれるのもとても魅力です。
 第1回は黎明編、第2回は未来編を読み合わせました。
それにしても、私も初めて読むのですが、67年に書かれたものとは思えない濃厚な作品です。手塚治虫は「マンガの神様」と言われ、『火の鳥』はその人の「ライフワーク」という位置づけですが、それほどの凄みを感じることのできる時間でした。世代を問わずおすすめです!
来月は第3巻ヤマト・異形編を読み合わせます。楽しみにお待ちしています!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

次回の『よるてら』【12/19㈭】

November 15, 2019

1/4
Please reload

最新記事

October 28, 2019

September 20, 2019

Please reload

アーカイブ