2018報恩講のご報告

10/24/2018

 10月28日に報恩講が実施されました。 →【報恩講とは?】

特別講師は去年に引き続きケネス・タナカ先生(武蔵野大学教授)にお願いしました。

お話のテーマは「村の僧侶コンテスト - 浄土真宗の特徴と生き方」

お話のテーマは「村の僧侶コンテスト - 浄土真宗の特徴と生き方」。絵本「もったいない ありがたい」を通して、仏教的な生き方を説いていただき、私たちの生活を見つめ直す時間をいただきました。お斎では毎年恒例となっている報恩講の料理を皆さんでいただき、穏やかな一時を過ごしました。
皆様にあたたかく支えて頂き、今年の報恩講も無事に終えることができました。また、有志の方々がお忙しい中、朝からお手伝いくださいました。誠にありがとうございました。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

『よるてら』が『月刊住職1月号』に掲載されました

December 27, 2019

1/6
Please reload

最新記事